ニュージーランド北島にはワイトモ洞窟やロトルア、ホビット村などの観光地が有名ですが、今回紹介するワイポウアフォレストもぜひ訪れて欲しい観光スポットの一つです。

ニュージーランドの太古の自然がそのまま残る数少ない場所です。

今回はそんなワイポウアフォレストへの行き方から見所まで徹底解説します。

ワイポウアフォレストとは

ワイポウアフォレストはオークランドから北に約500kmの場所に位置するカウリの樹の保護区です。

ニュージーランド最大の樹「タネマフタ」とニュージーランド最古の樹「テ・マツナアヘレ」を鑑賞することができます

トレッキングの難易度は低く、それぞれのトレッキングコースの所要時間は10分〜80分です。

【ワイポウアフォレスト基本情報】
  • 住所 0376 Northland
  • 営業時間 24時間
  • 定休日 なし
  • 料金 無料

カウリの樹とは

ワイポウアフォレストの詳しい紹介の前にカウリについて簡単に説明します。

カウリはニュージーランド固有の樹で、ニュージーランド北島北部の亜熱帯地方に生息しています。

針葉樹の一種で、樹齢が長く、巨大な樹木が多いのが特徴です。

「世界で一番古い樹木」、「世界で一番成長の遅い樹木」とも言われることもあります

カウリの歴史

古くからニュージーランド北島には、カウリの森が広がっていました。

しかしヨーロッパ人が入植するようになると、建材として優秀なカウリは頻繁に伐採されるようになり、わずか数十年の間にカウリの森は最大時の4%まで縮小されてしまいました。

危機感を感じた人々はカウリの保護を訴えるようになり、1952年には初めてカウリ保護区が生まれました。

ワイポウアフォレストは有名なカウリ保護区の一つで、カウリの伐採は全面的に禁止されており、植樹も頻繁に行われています。

ワイポウアフォレストの場所と行き方

ワイポウアフォレストの場所はこちらです↓

オークランドから北に約500kmの場所に位置し、車で片道3時間程度の距離にあります。

ワイポウアフォレストまではバスが通っていないので、レンタカーなどの車でアクセスする必要があります

ツアーに参加するとアクセスも簡単

英語でレンタカーを借りたり、海外で運転するのが不安という人はツアーを利用するのがおすすめです。

カウリについての説明なども日本語で聞けるので、よりワイポウアを楽しむことができます。

こちらのツアーはガイドの質が高くおすすめです↓
樹齢2000年ワイポウアフォレスト〜森の神々に出会うツアー〜【日本人ガイド/オークランド発】

ワイポウアフォレストの4つのトレッキングコース

ここからはワイポウアフォレストの見所について紹介します。

ワイポウアフォレストには有名な樹が4本あり、それぞれ4つのトレッキングコースがあります。

【4つのトレッキングコース】
  1. タネ・マフタ・ウォーク(所要時間:往復10分)
  2. テ・マツア・ナヘレ・ウォーク(所要時間:往復40分)
  3. フォー・シスターズ・ウォーク(所要時間:往復15分)
  4. ヤカス・ウォーク(所要時間:往復80分)

それぞれのトレッキングコースのスタート地点は以下の通りです↓

それぞれのトレッキングコースについて詳しく紹介します。

1.タネ・マフタ・ウォーク

ニュージーランド最大の樹「タネマフタ」を鑑賞できるコースです。

タネマフタはマオリ語で「森の神」という意味です。

高さは51m、幹の太さは13.8m。

感動して涙を流す人がいると言われるほどで、その圧倒的な大きさは見る者を圧倒します。

屋久島の縄文杉と世界で始めて「姉妹木」の締結を交わした樹としても知られています。

トレッキングの所要時間は往復10分と気軽に鑑賞できるのもポイント。

2.テ・マツア・ナヘレ・ウォーク

ニュージーランド最古の樹「テ・マツナアヘレ」を鑑賞できるコースです。

テ・マツナアヘレはマオリ語で「森の父」という意味。

樹齢は2000年を超えると言われ、幹の太さは16mほどあります。

テ・マツナアヘレはそのあまりの太さゆえ、大きな壁のようにも見えます。

トレッキングの所要時間は往復40分程度。

3.フォー・シスターズ・ウォーク

フォーシスターズを鑑賞するコース。

フォーシスターズはその名の通り、4本のカウリの巨木のことを言います。

1本1本の樹齢はそこまで長くはないですが(樹齢数百年)、4本のカウリの巨木が真っ直ぐに立ち並ぶ姿はなかなか見れるものではありません

トレッキング所要時間は往復15分。

スタート地点はテ・マツナアヘレウォークと同じなので、テ・マツナアヘレ鑑賞のついでに訪れることもできます。

4.ヤカス・ウォーク

触れるカウリとしては最大の「ヤカス」を鑑賞できるコースです。

トレッキングの所要時間は往復80分と、他の3コースよりも時間がかかりますが、時間がある人にはぜひ訪れて欲しいコースです。

カウリは保護の目的もあり、触ることができないものが多いですが、ヤカスには触れることができます。

実際に触れることで、その大きさをより感じることができるでしょう。

また、ヤカスのトレッキングコースはその道中も素晴らしいです。

道中に生えているカウリの樹々も樹齢は1000年を超えるものが多く、まるで太古の森を歩いているような感覚になります。

ワイポウアフォレストへ行く前にカウリ博物館でカウリについて知ろう

ワイポウアフォレストへ向かう道中にカウリ博物館があります。

カウリ博物館にはカウリの生態について学ぶことができます。

また、伐採に使う工具やカウリの木材で作られた家具、カウリガムと呼ばれるカウリの琥珀などが展示されています↓

ワイポウアフォレストへ行く前にカウリの知識を入れておくことでよりワイポウアフォレストを楽しむことができると思います。

【カウリ博物館基本情報】
  • 住所 5 Church Road, Matakohe 0593
  • 営業時間 9:00-17:00
  • 定休日 なし(クリスマスのみ休業)
  • 料金 大人25ドル/子ども(10歳以下)8ドル

まとめ

以上、ワイポウアフォレストについて紹介しました。

ワイポウアフォレストではまだ太古の空気が流れています。

ニュージーランドで最大の樹と最古の樹は一見の価値ありです。

ニュージーランドを訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。

おすすめのツアーをもう一度載せておきます。要チェック↓
樹齢2000年ワイポウアフォレスト〜森の神々に出会うツアー〜【日本人ガイド/オークランド発】