マウントクック国立公園とは

アオラキマウントクック国立公園はニュージーランド南島の人気観光地で、世界遺産にも登録されています。

アオラキマウントクックはニュージーランドで一番高い山で標高が3724mあります。

国立公園内には、氷河と氷河湖のほか、3000m級の山が23つあります。

マウントクックの山頂には雪が積もっている為、一般の観光客が登山するのは難しいです。

しかし、マウントクックを眺めながら周囲の自然の中を歩くトレッキングコースが複数あり、トレッキングであれば一般の観光客でも楽しむことができます

今回はそんなマウントクック国立公園のおすすめトレッキングコース6選を紹介します。

マウントクック国立公園のトレッキングコース6選

マウントクック国立公園のトレッキングコースは整備されていて歩きやすいコースが多いので、トレッキング初心者でも楽しむことができます。

こちらがトレッキングコースの一覧です。

  1. フッカー・バレー・トラック(Hooker Valley Track)
  2. ケア・ポイント・トラック(Kea Point Track)
  3. セアリー・ターン・トラック(Sealy Tarns Track)
  4. レッド・ターン・トラック(Red Tarn Track)
  5. タスマン氷河湖ウォーク(Tasman Glacier View Walk)
  6. ミューラーハット・ルート(Mueller Hut Route)

それぞれのコースについて詳しく紹介します。

1.フッカー・バレー・トラック(Hooker Valley Track)

マウントクック国立公園の中で一番人気のあるトレッキングコースが「フッカー・バレー・トラック」です。

マウントクックキャンプ場からスタートし、フッカー氷河湖を目指すルートです。

ゴール地点ではフッカー氷河湖とマウントクックが一望できます↓

道は整備されていて非常に歩きやすいコースです↓

道中で3回つり橋を渡ります↓

【フッカー・バレー・トラック詳細情報】
  • 距離 約10km(往復)
  • 所要時間 約4時間(往復)
  • 標高差 約130m

2.ケア・ポイント・トラック(Kea Point Track)

ケア・ポイント・トラックは比較的手軽にマウントクックの姿を堪能したい人におすすめのコースです。

ハーミテージホテル横からスタートし、ミューラー湖のほとりを目指すルートです。

ゴール地点からは正面にマウント・クック、左側にマウント・セフトンの氷河を見ることができます↓

【ケア・ポイント・トラック詳細情報】
  • 距離 約6km(往復)
  • 所要時間 約2時間(往復)
  • 標高差 約100m

3.セアリー・ターン・トラック(Sealy Tarns Track)

セアリー・ターン・トラックは急斜面を登る達成感が欲しい人におすすめのコースです。

ハーミテージホテル横からスタートし、氷河が削り通り過ぎた後の切り立った岩壁をひたすら登り続けるルートです。

切り立った斜面を登っている時に振り返るとこんな絶景が見れます↓

急な階段を30分以上は登り続けます↓

ゴールのセアリーターン↓

【セアリー・ターン・トラック詳細情報】
  • 距離 約7km(往復)
  • 所要時間 約4-5時間(往復)
  • 標高差 約600m

4.レッド・ターン・トラック(Red Tarn Track)

最初はマウントクックに背を向けて歩くことになるので、あまり人気があるコースとは言えませんが、人気のフッカーバレーやケアポイントはもう歩いたから、ちょっと違うタイプのコースを歩きたいという人におすすめなのが「レッドターントラック」。

所要時間は2.5時間とそこまで長いルートではありませんが、傾斜があるコースなので登りごたえがあります。

ゴール地点の展望台からの景色↓

【レッド・ターン・トラック詳細情報】
  • 距離 約5km(往復)
  • 所要時間 約2.5時間(往復)
  • 標高差 約300m

5.タスマン氷河湖ウォーク(Tasman Glacier View Walk)

タスマン氷河を見たい人におすすめなのが「タスマン氷河湖ウォーク」です。

タスマン氷河湖駐車場から往復1kmの距離なので、トレッキングというよりハイキングと言った方がイメージに近いと思います。

アクセスしやすいルートなので、家族連れも多く訪れるスポットです。

見晴らし台からはタスマン氷河湖が綺麗に見えます↓

【タスマン氷河湖ウォーク詳細情報】
  • 距離 約1km(往復)
  • 所要時間 約40分(往復)
  • 標高差 約100m

6.ミューラーハット・ルート(Mueller Hut Route)

本格的なトレッキングを楽しみたい人におすすめなのが「ミューラーハット・ルート」です。

マウントクックキャンプ場からスタートし、宿泊施設でもあるミューラーハットを目指すコースです。

ミューラーハットに宿泊する場合は事前に村のDOCで宿泊手続きをする必要があります

宿泊費は36ドル。

夏季シーズン(11月中旬〜4月)はオンラインでの予約が可能です。

ハットに宿泊すれば、朝焼けや夕焼けを楽しむことができます。

ミューラーハット頂上からの景色↓

ミューラーハットは素敵なロケーションにあります↓

セアリーターンを超えるとタフな道が続きます↓

【ミューラーハット・ルート詳細情報】
  • 距離 約9.2km(往復)
  • 所要時間 約7-8時間(往復)
  • 標高差 約1000m

マウントクックトレッキングのベストシーズン

マウントクックトレッキングのベストシーズンはニュージーランドの夏季にあたる10月上旬〜5月上旬です。

11月〜1月はマウントクックリリーなどの高原植物の花が見られるので、特におすすめです。

冬季にあたる6月〜9月はほとんどのトレッキングコースで積雪や凍結があるため、おすすめできません

ただ、冬季でもフッカーバレーやケアポイントは歩けることが多いです。

4月から11月はミューラーハット周辺は雪で埋まるため、ミューラーハットルートは一般的には歩けません。

マウントクックの平均気温とおすすめの服装

ミューラーハットルート以外のコースでは、特別な重装備は必要ありません

マウントクックの平均気温は5-20度とそこまで高くはありません。

おすすめの服装は以下の通りです。

  • 長袖長ズボン→ニュージーランドは日差しが強いので、長袖がおすすめです。
  • レインウェア→マウントクックの天気は変わりやすいです。
  • 運動靴→ミューラーハットルートの場合はトレッキングシューズがおすすめです。
  • サングラス→砂埃を避けるのにも役立ちます。

    マウントクックトレッキング時の持ち物

    マウントクックトレッキング時に持っていると便利な持ち物を紹介します。

    • ミネラルウォーター→マウントクック周辺の水は飲用には適していないと言われています。
    • 日焼け止め→ニュージーランドの日差しは強いです。

    まとめ

    以上、アオラキマウントクック国立公園のおすすめトレッキングコース6選を紹介しました。

    一番人気で定番は「フッカーバレートラック」、サクッと手軽にトレッキングを楽しみたい人には「ケアポイントトラック」がおすすめです。

    世界遺産でもあるアオラキマウントクックの壮大な自然をぜひ心ゆくまで味わってくださいね。

    こちらのツアーでは、オーダーメイドでマウントクックの様々なトレッキングコースを含めた様々な観光地を巡るツアーを作ることができます。要チェック!
    【ゆあたび】ニュージーランドオーダーメイドツアー