ニュージーランド航空は、日本とニュージーランド間の直行便を運航している唯一の航空会社です。

その機内サービスは、ユニークでフレンドリーとして様々なメディアで高く評価されています。

この記事では、ニュージーランド航空の日本線、機内日本語サービス、機内食、エンターテインメント等について、たった今(2020年1月19日)ニュージーランド航空のエコノミークラスを利用した筆者が解説していきます!

機内の日本語サービス

ニュージーランド航空の日本⇔ニュージーランド間の便は日本語が話せる乗客乗務員が必ず1人は乗っています(ちなみに今日のフライトには2人日本人のフライト・アテンダントがいました)。

そのため、日本語を話せる乗客乗務員が日本語での機内アナウンスをしてくれます。

また、機内エンターテインメントの操作パネルは日本語に切り替えも可能ですし、日本語対応の映画などは日本語の字幕が表示されます。

特に「これは使える!」と思ったのは入国カード(Arrival Card)の記入方法。メインメニューから選べ、日本語で詳しく記入の仕方が解説されています。ニュージーランドは税関のチェック(特に食べ物)がとても厳しい国。初めてニュージーランドに来られる方はぜひ入国カードの日本語解説をご覧になってください。

もし、万が一、日本語が話せる乗務員が必要な時は、

Can I speak to a Japanese speaking staff please? と客室乗務員に聞いてみててください。

そうすると日本語を話せるスタッフを呼んでくれるはずです。

ニュージーランド航空の「機内安全ビデオ」は超おもしろい

ご存じの方もいるかと思いますが、ニュージーランド航空の「機内安全ビデオ」はすごく凝っていて面白いです。日本のバラエティー番組でも時々取り上げられています。

ロードオブザリングのバージョン

ラグビーワールドカップの際の日本がテーマのバージョン

オールブラックス・バージョン

現在(2020年1月)使われているサマー・バージョン

どうでしょう?英語ではありますが、とてもポップに作ってあり、乗客も楽しく視聴できる様になっている事がわかると思います。

ちなみに、日本への発着便は日本語字幕が付きます。

機内エンターテインメント

機内のエンターテインメントはかなり充実しています。映画、ドラマ、音楽、ラジオ、ゲーム等を選べ、映画だけでも100本以上あると思います!

飛行機に乗った瞬間から視聴することが可能で、途中で飽きて他の映画を見始めても、最初の映画に戻ると「さっき見た場所から再生」することも出来ます!日本語の映画、ドラマ、アニメ等もあります!

飲み物、スナックオーダー

ここ数年で追加された便利な機能として、フード&ドリンク・オーダー(Food and Drinks)機能ががあります。エンターテインメント操作パネルのメインメニューから選択が可能で、ご飯の間に飲み物やスナックを、タッチパネルで注文すると席まで持ってきてくれるサービスです。

全て無料なので、ぜひ一度試してみてください。

成田→オークランド間に出た機内食

日本出発のニュージーランド航空便は、日本時間の午後出発で、ニュージーランド時間の翌朝に到着します。

その為、機内ではディナーと朝食、2食が提供されます。

今回の1回目の機内食(夕食)は、下の様な感じでした。

メインビーフとご飯(牛丼)、野菜炒め、温野菜、パン、サラダ、チーズ、クラッカー、デザートのムース。

ちなみに、日本から出るニュージーランド航空便の機内食は全て日本で調理されているため、味のレベル全体的に高いです。

2回目の朝食はこちら!

サーモンの照り焼き、ゆかりご飯、温野菜、卵焼き、ヨーグルト、フルーツ。ちょっと量は少なめです。が、こちらも日本で作られただけあって美味しかったです。

ちなみに、選択肢としては、夕食はビーフ(牛丼)とフィッシュ、朝食はサーモンかエッグ(オムレツ)でした。

1食目と2食目、両方とも和食と洋食のオプションがあります。上記の通り、日本語でも機内食の内容を教えてくれるので、安心して何が食べたいかを選べます。

食事と一緒に飲むドリンクも、コーラやスプライトなどのソフトドリンクから、ニュージーランド産の赤・白ワインまで、たくさんの種類から選べるのでうれしいです。

ただ、2食とも量としては少なめな気がしたので、もし「もっと食べたいな」と言う場合は、上記のフード&ドリンクのサービスを使ってスナックを頼んでもいいかもしれません。

ちなみに今回のフライトでは、フード&ドリンクのサービスでニュージーランド産のクッキーと、小さなおせんべい(チップス)が選べました。

ニュージーランド航空公式サイト

ニュージーランド航空は日本語のウェブサイトがあるので、詳しいこととはウェブサイトでも調べることができます。

日本語の機内サービスのウェブページはこちら

 最後に

今日はニュージーランド空港の機内サービスについて解説して来ました。ニュージーランドに来る場合はぜひニュージーランド航空を利用してみて下さいね!