クライストチャーチ植物園とは

東京ドーム6個分の大きさを持つハグレー公園の一角に位置するクライストチャーチ植物園。

1863年に開園した140年以上の歴史を持つ植物園です。

イギリスのビクトリア女王の長男、アルバート・エドワード王子とデンマークのアレクサンドラ王女との婚礼を祝ってイングリッシュ・オーク(オウシュウナラ)が植えられたのが植物園の始まり。

現在では、ニュージーランド固有の植物と海外からの植物を合わせ、1万種以上の植物が植えられています。

【クライストチャーチ植物園基本情報】
  • 住所:City Centre Rolleston Avenue, Christchurch Central City, Christchurch 8013
  • 営業時間:7:00-18:30(4-9月)、7:00-20:30(10月、3月)、7:00-21:00(11-2月)
    9:00~16:00(ビジターセンター)
  • 休業日:なし
  • 入場料:無料

クライストチャーチ植物園の場所

こちらがクライストチャーチ植物園の場所です↓

カンタベリー博物館の隣、エイボン川に囲まれています。

クライストチャーチ植物園の見所

ここではクライストチャーチ植物園の見所を紹介します。

  1. バラ園(セントラル・ローズ・ガーデン)
  2. ファーン・ハウス(Fern House)

それぞれについて詳しく紹介します。

1.バラ園(セントラル・ローズ・ガーデン)

クライストチャーチ植物園のメインといっても過言ではないのが、バラ園です。

ミニチュアローズやツルバラ、ブッシュローズなど250種以上、約2500株のバラを楽しむことができます

バラ鑑賞のベストシーズンは10月〜2月。

2.ファーン・ハウス(Fern House)

バラ園のすぐ近くにある6つの温室のうち、特におすすめしたいのがファーンハウスです。

ファーンハウスではニュージーランドの象徴であるシルバーファーンを見ることができます

そのほかにも様々なシダ植物が植えられています。

ボランティアスタッフによる園内ガイドツアーも

クライストチャーチ植物園ではボランティアスタッフによるガイドツアーが開催されています

事前予約は必要なく、参加希望者は直接集合場所に集まる形になります。

13時半に博物館横の入り口を出発し、約1時間半をかけて園内を歩くツアーになります。

料金は一人10ドル

日本語対応はなく、英語のみ

英語がわかる人はツアーに参加するとより深い知識が得られて楽しいと思います。

まとめ

以上、クライストチャーチ植物園について紹介しました。

入場料が無料で気軽に行ける観光地なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

こちらのツアーでは、オーダーメイドでニュージーランドの様々な観光地を巡るツアーを作ることができます。要チェック!
NZオーダーメイドツアーの詳細を見てみる