ニュージーランドは実はカジノを楽しむことができる国です。

今回はニュージーランドのカジノの服装や年齢制限などのルールや実際の遊び方について紹介します。

また実際にブラックジャックをプレイしてみたところ奇跡が起きました!

ニュージーランドでカジノが楽しめる場所

ニュージーランドにあるカジノ一覧です。

  • オークランド: Sky City Casino
  • クライストチャーチ: Christchurch Casino
  • ダニーデン: Dunedin Casino
  • クィーンズタウン: Wharf Casino Sky City Queenstown
  • ハミルトン: Sky City Hamilton

    今回はニュージーランドで一番規模が大きくおすすめのスカイシティ・オークランドカジノをより詳しく紹介します。

    スカイシティ・オークランドカジノの場所と行き方

    こちらがスカイシティ・オークランドカジノの地図です↓

    スカイシティオークランドという娯楽複合施設の中にカジノが併設されています。

    スカイシティオークランドにはホテルやレストラン、ショッピングエリアもあります。

    スカイシティ・オークランドカジノへの行き方

    スカイシティ・オークランドカジノへの行き方はとても簡単です。

    高さ328mのオークランドのシンボル「スカイタワー」を目指して歩くだけです。

    ↓スカイタワーを目印に歩いていけば迷うことはありません。

    スカイシティ・オークランドカジノの営業時間

    スカイシティオークランドカジノの営業時間は以下の通りです。

    • 24時間営業
    • 定休日:なし

    ※クリスマス(12月25日)、Good Friday(3月もしくは4月にあるニュージーランドの祝日)、Anzac Day(4月25日)は休み

    年齢制限

    20歳以上

    入場時にIDチェックがあるので、パスポートなどの身分証明書を持参しましょう。

    服装(ドレスコード)

    スカイシティオークランドカジノのドレスコードはそこまで厳しくはないです。

    スカイシティオークランドカジノの公式ホームページ記載されているNG服は以下のようになっています。

    ❌NG服

    • 汚れやダメージが酷い服装(ダメージ加工などのファッション的なものはOK)
    • 男性の袖なしの服装(タンクトップなど)
    • サンダル(午後9時〜午前5時の間のみ)
    • ギャングの紋章などが入った服装
    • 帽子(宗教上の理由がある場合やポーカーエリアではOK)
    • サングラス(ポーカーエリアではOK)

    他のブログなどではTシャツやジーンズはNGと書かれていることがありますが、全く問題なく入場できます
    実際に私自身、何度もTシャツ&ジーンズで入場しています。

    お金の両替

    スカイシティオークランドカジノでのお金のチップへの換え方、日本円の場合はどうしたらよいかなどを紹介します。

    NZドル→チップ

    NZドルを持っている場合はすぐにカジノで遊ぶことができます

    マシン系ゲームは現金でのみプレイ可能です。

    テーブル系ゲームの場合は各テーブルでディーラーにNZドルを渡せばその場でチップに換えてくれます。

    カジノ入り口からすぐ左にある「Cashier」というカウンターでは、日本円などの主要通貨を渡すとチップに換えてくれます。
    ただレートがとても悪いのでおすすめはしません。

    仮に日本円しかないという場合は、カジノ入り口手前にあるATMでクレジットカードのキャッシングを利用する方がレート的におすすめです↓

    チップ→NZドル

    チップから現金は各ゲームテーブルでは換えてもらえません。

    チップは「Cashier」というカウンターに持っていくと、そこで現金に換えることができます

    遊べるゲーム

    スカイシティオークランドカジノには2100台以上のマシンゲームと150以上のテーブルゲームがあります。

    • ブラックジャック
    • ブラックジャックプラス
    • マネーホイール
    • バカラ
    • ラピッドバカラ
    • パイゴウ
    • ルーレット
    • ラピッドルーレット
    • 大小
    • ポーカー
    • スリーカードポーカー
    • カリビアンスタッドポーカー
    • テキサスホールデム
    • ルーナーポーカー
    • スロットマシン

    この中で、スカイシティオークランドカジノで特に人気のブラックジャック、ルーレット、バカラについてもう少し詳しく紹介します。

    1.ブラックジャック

    スカイシティオークランドカジノのブラックジャックのMin Betは5ドル〜100ドルです。

    ただ5ドルと10ドルのテーブルはブラックジャックプラスというゲームになっています。

    ブラックジャックプラスのルール
    • ディーラーは22の場合はバーストせず、引き分けになる
    • ブラックジャックの場合、リターンは2.5倍ではなく2倍
    • バーストせずにカードを5枚以上引いたら、その時点でプレイヤーの勝ちになる

    以上のように、プレイヤーに不利な条件になっているので勝ちを目指す人にはおすすめしません

    少額で楽しくブラックジャックを楽しみたい人にはおすすめです。

    普通のルールのブラックジャックを楽しみたい人は20ドル以上のテーブルでプレイしましょう。
    ※ただし20ドル以上のテーブルでもサレンダーはできないルールでした。

    2.ルーレット

    ルーレットはMin Betが2.5ドルからあります。

    人が回すタイプと機械が回すタイプのルーレットがあります。

    3.バカラ

    スカイシティオークランドカジノではバカラのテーブルが一番多いです。

    カジノの2階はバカラルームとなっていて、特に高額のバカラを楽しむスペースとなっています。

    実際にスカイシティオークランドカジノで遊んでみたら奇跡が起きた

    私自身、何度もスカイシティオークランドカジノに足を運んでいますが、今回はブラックジャックをプレイしてみました!

    軍資金は400ドル。

    20ドルのテーブルでプレイしました。

    ディーラーのお兄さんは少しだけ日本語が話せるニュージーランド人。

    楽しい雰囲気でディーラーのお兄さんと談笑しながら、ブラックジャックを楽しんでいました。

    勝ち負けの一進一退を繰り返し、一時は140ドル勝ちに!

    ただその後は負けが続き、収支はマイナス220ドルに。。。

    このままじゃダメだと思った私は勝負に出ます。

    まずは80ドルをベット。

    運良くディーラーがバーストしたため勝利。

    その勝ち分をそのまま賭けて、160ドルのベット!

    自分のカードの1枚目は10。いい感じ。

    ただディーラーの1枚目もKと強い。

    自分の2枚目はJで合計20。よし!いける!

    ディーラーのお兄さんもいいねとグッドサインを送ってくれます。

    そしてディーラーの2枚目は、、、、、

     

     

     

     

    「A」!!!!!

    私もディーラーのお兄さんも確実にAを見ました。

    負けを確信したその直後、奇跡が起きます。

    なんとディーラーのお兄さんはその「A」のトランプをすぐに裏返し、こう聞いてきました。

    「あ、ごめん。君がヒットするかステイするかまだ聞いていなかったね。どうする?」

    一瞬、何が起こったのか全く理解できない私。

    いや、確実にA見えたし! そもそも20からヒットする人なんていない!笑

    全てがお兄さんの優しさだとわかった私は静かにテーブルを叩きヒットをコール。

    Aが配られ、合計は21に。

    お兄さんは7を引き、合計17で私の勝利。

    この勝ちで合計収支はプラス20ドルに。

    いや、お兄さん優しすぎでしょ。

    遊びならわかるけど、実際にお金かかってるし。。。

    今だにこの出来事が現実に起こったことが信じられません。

    まあその後もう少しプレイして、結局マイナス100ドルで終わったんですけどね。笑

    まとめ

    以上、スカイシティオークランドカジノの年齢制限や服装のルールから遊べるゲームまでの紹介でした。

    今回私が体験した出来事はとてもレアだと思いますが、こんな面白い体験ができるのはカジノならではです。

    みなさんもこんな優しいディーラーさんがいるスカイシティオークランドカジノで様々なテーブルゲームや現地の人たちとの交流を楽しんでみては?