ニュージーランドでは、ホテルやシェアハウスより、バックパッカーズホステル(以下バッパー)に宿泊したほうが安い場合が多いです。
季節やバッパーによりますが、安い時は一泊12、3ドルで泊まれたりします。

が、しかし!

バッパーに泊まる前に絶対に気をつけてほしいことがあります。
オークランドで7つほどのバックパッカーに宿泊した僕が、実際に経験したことを踏まえてお話します。

①2回宿泊費を払ってた

オンラインでバッパーを予約しますね。
このとき、カードで支払いをします。

当日、バッパーの受付に行きチェックインをします。

受付「○○ドルになります!」

ぼく「あれ?もうオンラインで払いましたよ?」

受付「オンラインはクレジットカード情報を確認してるだけで、支払いはされてないんです」

ぼく「あ、そうなんですか。」

僕、払います。

その後、カードの支払い履歴を見ます。

2回分払ってます。

なるほどね!!!!

やはり、オンラインでも払ってました。
当然、受付にいって、返金してもらいましたが。

これが起きたのは、1回や2回ではありません。
複数のバッパーで、同じことが起こりました。

ということで、オンラインで予約したときは、チェックイン前に支払い履歴をみて、お金が引き落とされているかを必ず確認してください。

②ベッドバグがいるバッパーは絶対泊まるな

ベッドバグをご存知でしょうか。
ベッドに住みつく、小さな虫のことです。

ベッド以外にも、カバンや服にも住みつきます。
ベッドバグは、寝てる間に体中を這い回って刺しまくってきます。

このベッドバグがいるバッパーは、本当に地獄です。

僕は体中数え切れないほど刺され、右足だけで40箇所刺されました。

40箇所。

右足だけで。

痩せてた上に色白だったので、全身ぶつぶつと合わさって、完全にヤバい奴のできあがりです。

ベッドバグがいるバッパーは限られていますが、いくら安くても泊まってはいけません。

「ベッドバグがいるバッパーがどこかわからん」

そうですよね。

はい、いいます。

Surf & snowっていうバッパーです。
僕も、他の宿泊客もここで刺されてました。

オークランドの他のバッパーでは、バグには刺されませんでした。
オンラインの予約サイトに口コミがあるので、しっかり「バグ」という単語がないか検索しましょう。

③バッパーで働くな

どのバッパーにも、たいていは求人広告が貼ってあります。

「うちのバッパーで働きませんか」

「働く代わりに、宿泊費がタダになりますよ」

案外、日本のワーホリ生が「宿泊費が浮く、ラッキ~」って働いてるんですよね。

お金なんかどうでもよくて、バッパーで働く経験がほしいって人は、もちろん働いていいと思います。
でも、宿代を節約したいからって理由で働く人は、一度冷静になって考えましょう。
宿泊費が浮くというのは、時給換算するといくらになるのかと。

とあるバッパーでは、時給換算すると6ドルにも満たない条件で、日本人が何人も働いていました。
最低時給が17.7ドル(2019年4月時点)のニュージーランドで、6ドルで働く。
日本人の若者が搾取されてるようで悲しくなりました。

 

 

ということで、オークランドのバッパーに泊まる前に読んでほしい記事でした。

どのバッパーに宿泊するかは↓の記事を読んでみてください。
オークランドで7つのバッパーに宿泊したので評価してみる